MOJO々草子

ある喪女が25歳までに垢抜けて高スペック男を捕まえ幸せになることを目指しています。外見から生き方までいろんな面を変えようとあがいています。

艶髪を手に入れる手入れ方法を紹介します!【脱喪女計画】

こんにちはMOJOです!

今日も【脱喪女計画】達成のため必死にあがいています。

 

今回のテーマは艶髪です!!!

f:id:toarumojo:20191005005357j:plain

ツヤツヤでいい匂いのする髪を持つ女性の美人オーラたるや。

反対に顔が可愛くても髪が手入れ不足でバサバサだとなんだか汚らしい感じがしてしまいます。

 

私もツヤツヤ艶髪を手に入れたい!

しかしどうしたら美髪を手に入れられるのか分からない。そこで恥を忍んで素晴らしい美髪を持つ友人に相談しました。

 

 

髪の綺麗な彼女は心も綺麗なのか、こんな卑しい私に快く自分のケア方法を教えてくれました。

 

そしてこれがものすっっっごく効いたんです!!!

今では私の髪もシャンプーのCM並みの美髪ではありませんが、十分艶髪と呼べるレベルになりました。やったね!!!

 

そこで今日は私が実践した7つの艶髪育成方法を紹介します。

※専門家の意見ではなく一個人の意見です。100%の効果を保証するものではないことをご了承ください。

 艶髪を育てる7つの方法

1.【BOTANIST】のシャンプー&トリートメント

 

このシャンプーとトリートメントを使うまでは何を使っても対して変わらないと思ってました(商品の値段の違いは品質じゃなく宣伝費やパッケージ代だと本気で信じていました…バカなの?)

 

しかし使ってみると髪の調子が全然違う。ちゅるんちゅるんになる…!

この生えてる髪は本当に私のものか!?と驚く手触りになりました。

 

そしてすごくいい匂いがするんですよ。髪をかきあげたときにふわっ、と香るのが自分でも分かります。これが男の好きなシャンプーの匂いか!と納得してしまいました。

やっぱり高いものは高い理由があるんですね。

 

そして私の信頼する辛口評価雑誌LDKでもBOTANISTは高評価を受けていました。きちんと美容師さんが評価をしているのでかなり信頼できますよ!

2.しっかりタオルドライ

お風呂から出たらまずは髪の水分をタオルで吸い取ることが大切です。

このときにゴシゴシ髪をこすってはダメージの原因になります

とんとんと優しくタオルに髪の水分を吸収させるようにしましょう。

髪の長い方はタオルでまとめて少し時間を置くのもオススメです!

3.髪を乾かす前にブラッシング

ドライヤーで髪を乾かす前に軽くブラッシングをしましょう。

絡まった髪のままドライヤーをかけると髪が切れてしまいます。

おすすめは写真のような目の粗いヘアブラシです。

4.ドライヤーをかける前にヘアオイルをつける

ドライヤーをかけることは絶対に必要ですが、髪に過度な熱を与えるとダメージを受けてしまいます。少しでもダメージを軽減するために、ドライヤーをかける前には必ずヘアオイルを塗りましょう

おすすめのヘアオイルは【大島椿】です。

大島椿 60mL

大島椿 60mL

 

 天然の椿油100%で出来ているので、髪だけでなく頭皮や肌にも安心して使えます。

つけすぎるとベタっと不潔な印象になってしまうので、少し少ないかな?と思うくらいの量から試してみてください。

手に取ったこのヘアオイルをまず髪の中心部から毛先につけ、その残りを頭頂部につけるといいですよ。

5.オイルで頭皮のマッサージをする

毎日やる必要はないですが、上で紹介した【大島椿】で頭皮をマッサージすることをおすすめします!

シャンプー前の乾いた頭皮に椿油をもみこみ5分ほど放置します。

そのあとぬるま湯で洗い流した後、いつものようにシャンプーしましょう。

頭皮が乾燥するとフケやかゆみの原因になるので、頭皮ケアもぜひしてみてください。

6.必ずドライヤーで根本は乾かす

めんどくさくて自然乾燥でいいや~とかやってたひとー!私です・・・。

これは髪の毛を痛めてしまう最大の原因だそうです。

ズボラでは美女にはなれないんですね、大反省。

髪を完全に乾かす必要はなく8~9割乾いたな、と思ったらそこでストップして大丈夫です。

熱風で乾かした後軽く冷風を当てるとキューティクルが整ってつやつやの髪に見えますよ!

 7.UVケアをする

髪も実は日焼けするんです。

過度な紫外線を浴びると髪のパサつきの原因になるので、帽子をかぶるなどしっかり紫外線予防をしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

私はこの手入れ方法でばっさばさのダメージヘアがなかなかの艶髪になりました!

期間はだいたい1か月ほどでした。

ただ私はあまりにも毛先が痛んでいたのでこのケアを始めるまえに痛んでいる部分を切りました。あまりに痛みすぎていると手入れしても効果が出にくいので、長らく美容室に行っていないのならまずカットをするのもいいかもしれないですね!